About Arts ItoyaDiary of Arts ItoyaNews(Studio and Artists)

Justice Nnannaの滞在制作作品発表を開催いたします。

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のアメリカ出身アーティスト、Justice Nnannaの滞在制作発表「Whoever Collects the Most Faces, Wins the Game」を開催いたします。

 

タイトル Whoever Collects the Most Faces, Wins the Game

アーティスト名 Justice Nnanna(ジャスティス・ナーナ)

日時 1026日(土)、27日(日) 入場料無料

時間 13:0017:00

27日(日)15:00より3名によるアーティストトークを行います

 

~アーティスト紹介~

Justice Nnannaは、ナイジェリア系アメリカ人のドキュメンタリー映画製作者、写真家、マルチメディアアーティストです。彼はTisch School of the Arts(ニューヨーク)を卒業後、Royal Academy of Dramatic Arts(ロンドン)で演劇を学びました。

彼は14歳で祖母からカメラを贈られ、それ以来視覚的に物語を制作することに興味を持っています。作品は主にノンフィクションに触発され、社会政治的な経験を見る方法を探求しています。グローバリゼーションの異文化への影響を発見し、現代の人間の経験について言及するために、非言語的なコミュニケーション方法を使用することに興味があります。5つの大陸をまたいで制作活動を行い、地元コミュニティと協力して現実を解釈しながら、重要な物語を現代的な方法で語り続けることに非常に熱心です。

2019年彼の映像作品は、国連女性評議会、ブルックリン映画祭、The Chale Wote Street Art Festival(ガーナ)、The Red Bull Music Festiva(ロサンゼルス)、Artspace(コネチカット)、The Block Museum of Art(シカゴ)、The New York University Forum for Health in Theatre(ニューヨーク)で上映されています。

また、北ウガンダ戦争で生き残ったウガンダ女性によるエンパワーメントグループ”Konye Ki Cingi”の物語を伝える短編映像「MegolonyoWith a Mother You Are Rich」でSIMA(Social Impact Media Award)を受賞しました。

ジャスティス・ナーナHP

 

~作品について~

彼の個展では、顔認識システムを利用したオリジナルゲームの展示を行います。顔認識システムは、生体認証を使用して、写真またはビデオから顔の特徴を関連づけ、2秒以内に一致する情報を見つけます。近年ではリアルタイム追跡、公共監視、法執行、ターゲット広告によるマーケティング、電話のロック解除、行方不明者の発見、学校への出席など、多数の幅広い現実世界のアプリケーションに使用されています。将来的には、顔認識システムがさらに容易に利用可能になり、そのアプリケーションは無制限になります。

彼が今回その顔認証システムを使って制作するゲームは、人種を越えて顔を判断する能力を訓練するために構築されたインタラクティブなゲームです。あなたにはに何が見えますか?世界中から撮影されたアーティストの写真画像アーカイブを通じて、視聴者は人間の顔をAIと同じくらい効率的に認識するように求められます。