Konstantin Guzの滞在制作作品発表を行います。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のアムステルダム在住アーティスト、Konstantin Guzの滞在制作発表”Every stone is storyteller”を開催致します。   アーティスト名 Konstantin Guz(コンスタンティン・グズ) 日時 6月22日(土)、23日(日) 入場料無料 時間 13:00~17:00 ※23日(日)15:00より両名によるアーティストトークを行います   ~アーティスト紹介~ Konstantin Guzは、アムステルダム(オランダ)に拠点を置く写真家・視聴覚芸術家です。 彼はGerrit Rietveld Academy(オランダ)で美術およびデザインの学士号を取得、RTA(ロシア)で法律の修士号を取得しています。 個展「画像のない無題の実験」は、2017年にアムステルダムのネバーネバーランドで開催されました。またオランダ以外にも、ロシア、スイス等、世界中で展覧会を行っています。 2018年-2019年、Mondriaan Fund(オランダ)から新人アーティストのための助成金を獲得しました。 彼の作品は、ミニマリズムと単純さ、純粋さの形の概念に基づいてイデオロギー的に構成されています。抽象化とは、視聴者に「あることとないこと」と向き合う手段です。デジタルツールを使用し、現在のデジタル化時代における私たちの考え方・行動・作り方における自然と、その緊張の解釈をとらえ、処理し説明しています。 芸術的な実践を、人工的なものと自然なものとの間の出会いの場、潜在的な「第三の性質」の調査として考えています。   ~個展について~ 彼の展示は、石が語り手であるプロジェクトです。 彼は毎日、武雄市の様々な場所で石を一つずつ拾い集めました。 その石と出会った瞬間と、彼の気持ちを記憶するために、それぞれの石の俳句を書きました。 俳句は彼の感情的な反射であり、石は彼が武雄市に滞在していたその瞬間の記念碑になります。石は物語を語ることができます 。また彼は小さな石庭を制作予定です。彼にとっての石庭は武雄での滞在中に経験、体験したことの全容を伝える宝の本です。

Chen Ziweiの滞在制作作品発表を開催いたします。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のシンガポール出身アーティスト、Chen Ziweiの滞在制作発表”Let the animals guide you to where you seek the springs”を開催いたします。   アーティスト名 Chen Ziwei(チェン・ジウェイ) 日時 6月22日(土)、23日(日) 入場料無料 時間 13:00~17:00 ※23日(日)15:00よりアーティストトークを行います   ~アーティスト紹介~ Chen Ziweiはシンガポール出身のビジュアルアーティストです。彼女は2007年から2010年までシンガポール国立大学で地理学を学び、その後ロンドンのゴールドスミスカレッジで美術・美術史の学士号を取得し、2013年に卒業しました。 Ziweiの実践は見過ごされがちな日常の側面に関係していますが、場所への帰属意識を促進するのに不可欠です。私たちがどのように成長し、場所への愛着を築き上げるかに興味を持っており、訪れた場所で観察を行います。彼女の作品は一般的に空間的経験の本質を親密に表現しています。 大学時での地理学研究で遭遇した場所作りのアイデアは、場所のアイデンティティがそれとの関わりを通してどのように成長するかについて、彼女の作品を大きく形作りました。彼女は主にドローイング、ペインティング、彫刻のインスタレーションの媒体で働いており、国内外で展示を行っています。   ~個展について~ 彼女の作品は、武雄市の3つの歴史をつなぎ合わせています。一つ目は紀元前300年、神功皇后が朝鮮出兵の際に武雄温泉に立ち寄ったという話です。 言い伝えによると、皇后が太刀の柄(つか)で岩を一突きしたら熱いお湯が湧き出てきたのだそうです。 この瞬間から古代から現代まで続く温泉地としての町の長い歴史が確立されました。 二つ目は建築家、辰野金吾により設計された楼門です。 明治時代の重要な建築家として知られる辰野金吾は、興味深いことに楼門自体の中に方位の要素を取り入れました。 彼は十二支の中から四つ、鼠、馬、兎、鶏をとり、それぞれの動物を指定の方位に描きました。(鼠は北向き、馬は南向き、兎は東向き、鶏は西向き) 三つ目はARTS ITOYAのスタジオが以前呉服屋だったという歴史です。彼女は武雄温泉の始まりとされる神功皇后の歴史背景、楼門に隠された四つの動物を絵画作品に組み合わせ、その作品を畳んである着物のようなフォルムで展示するドローイング・インスタレーション作品を制作しています。

Konstantin Guz (Amsterdam) Residence: June 2019

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Konstantin Guz is Amsterdam based photographer and audiovisual artist. He holds BA in Fine Arts and Design from Gerrit Rietveld Academy (Amsterdam) and Master degree in Law from RTA (Russia). His solo show “Untitled experiment with no image” was presented at Neverneverland, Amsterdam in 2017. He is participant of group exhibitions including: “Mitico” at Ateliers’89, […]

Chen Ziwei (Singapore) Residence: June 2019

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Chen Ziwei is a visual artist from Singapore. She graduated from Goldsmiths College, London, United Kingdom, in 2013 where she did a BA Fine Art and History of Art. Earlier, she did her first undergraduate studies in Geography at the National University of Singapore from 2007-10.  Ziwei’s practice concerns itself with aspects of the everyday […]

Cora Mak (Macau) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

On the 25th-26th May 2019, Cora Mak had an exhibition.   “Wonderland-Yokai” The collection of Cora Mak’s paintings are featuring Yokai. Yokai is supernatural monsters or spirits which can be in any forms or appearances, so it gives unlimited room for creativity.  In her works, she tried to use a combination of bright colors which gives a fantasy look and using very simple lines […]

Adrian Jing Song (Melbourne) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

On the 25th-26th May 2019, Adrian Jing Song had an exhibition.   “In Twilight, Gently Crush” In Twilight, Gently Crush (影で, 優しく愛する) explores the subtle moments of connection that often go unnoticed in day-to-day life. These moments are expressed through photographing and rephotographing various scenes observed in Japanese society. These happenings are never the main […]

Cho, Hui-Chin (London) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

On the 25th May 2019, Cho, Hui-Chin had an exhibition.   “To Whatever Mystery Lies Beyond” Cho, Hui-Chin’s works are what she describes as postulate. Which means painting, sculpture and photography are the same manifestation. Since they are identifiable in the ambitious depiction of concrete dimensions, and such ambiguities are conveyed into a variety of compositions […]

Cho, Hui-Chinの滞在制作作品発表を開催致します。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のロンドン在住アーティスト、Cho, Hui-Chinの滞在制作発表”To Whatever Mystery Lies Beyond”を開催致します。   アーティスト名 Cho, Hui-Chin 卓 卉芹 (たく きせり) 日時 5月25日(土) 入場料無料 時間 11:00~17:00 ※25日(土)15:00よりアーティストトークを行います ※Cho, Hui-Chinは25日(土)のみの展示となります   ~アーティスト紹介~ Cho、Hui-Chinは芸術大学Slade School of Fine Art美術学士号を2018年に取得、ファーストクラスの成績でDean’s Listに載りました。CASSアート絵画賞とステア賞を2018年に受賞、現在はロンドンに在住し制作活動を行っています。 多文化的な国で育ったチンは、主題の歪みや抽象的なモチーフ、赤ちゃんのような見た目を持つ不思議な生き物を作品に登場させ、哲学的な対話を促すためにヴィンテージまたはアンティーク素材ほか複数の素材を組み合わせて制作することを好みます。   ~作品について~ 作品を通して、ヴィンテージ素材と他の素材を使うことのジレンマを探求し、メタファー(比喩表現)がどのようにして物事の認識や本質にふれ理解されるかに興味を持っています。同時に生と死の間の曖昧なアイデンティティーを持つアンティーク素材を描写し、その素材に隠されたメタファーを表現しています。 作品に登場する多数の違和感のある人物やモチーフはグロテスクでありながら深みのある物語を作り出します。彼女の好奇心旺盛で芸術的なアプローチは、人々の心理、欲望、フェチ、両性、サディズムとある物事への執着(オブセッション)など内観することに通じています。

Cora Makの滞在制作作品発表を開催いたします。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のマカオ出身アーティスト、Cora Makの滞在制作発表”Wonderland-Yokai”を開催いたします。   アーティスト名 Cora Mak(コーラ・マック) 日時 5月25日(土)、26日(日) 入場料無料 時間 11:00~17:00 ※25日(土)15:00よりアーティストトークを行います   ~アーティスト紹介~ Cora Makはマカオ出身の、粘土彫刻家・画家です。 主に人に焦点を置いた作品を制作しています。 作品を通して、人々と彼らの環境との関係、そしてそれらが表現、身振り、外見にどのように影響するかを表現したいと考えています。 彼女は何年もの間、他の仕事をしている傍で作品制作をしていましたが、現在の仕事を辞め制作活動により時間を費やすことを決意しました。 Arts Itoyaアーティスト・イン・レジデンスプログラムをインスピレーションを得るための最初のステップとして取り入れ、日本の文化の様々な側面を探求し、様々な形態の媒体で表現した作品を地元の方々と共有できることを望んでいます。   ~作品について~ Cora Makは妖怪に焦点をあてた作品制作を行っております。妖怪はどんな形や外観でも在ることができる、無限の創造性の余地を与える不思議なモンスター、または精神です。 彼女の作品では、空想的な外観、単純な線、また子供の絵を模倣するなど、様々な方法を1つの作品に混ぜ合わせるのと同時に明るい配色で仕上げ、見る人々また彼女自身の注意を引く作品を制作しています。