Silvia Husek 

シルヴィア・フセックは、ブラジルのサンパウロを拠点に活動する写真家である。過去3年間、「Fragments of Nepal」というドキュメンタリーシリーズと「To live is to die」という実験的写真シリーズに取り組んでいる。「To live is to die “は、彼女の肉体的な老化について語るシリーズで、自撮りしたポートレートをプリントし、凍結、燃焼、縫製、錆などの技術やジェスチャーを混ぜたハイブリッド写真を使っている。 ハイブリッド写真は、シルヴィアが自分の感性を表現するために見つけた方法であり、観客との対話を構築しようとするものである。 彼女は、写真に関する大学院を修了したばかりである。 Silvia Husek is a photographer based in São […]

Sierra Sanchez

シエラ・サンチェスは、アメリカ・ボストンを拠点に、自身の人生、文化、日本/フィリピン家族の歴史から得た物語に触発された油絵、実験映画、電子音楽などを制作する、多分野のアーティストである。彼らの寓話的かつ象徴的な作品は、記憶と回想としてのアートメイキングの概念、失われた歴史を取り戻すプロセス、そして統一力としてのクィアと混血のアイデンティティの表現を探求しています。2019年、サンチェスはロードアイランドデザイン学校(RISD)で絵画を中心とした美術学士号を取得し、テキサス州ダラスとロードアイランド州プロビデンスで広く彼らの作品を展示しています。 Sierra Sanchez is a multidisciplinary artist based in Boston, USA, who creates oil paintings, experimental films and electronic music inspired by stories […]

Emily Waszak

エミリー・ワザックは、アイルランドのドニゴールを拠点とする日系人ビジュアルアーティストです。エミリーの作品は、国家と資本の組織的放棄に対する予兆的な抵抗として、反資本主義的なイマジナリーを構築することに関心があります。エミリーは、孤立した喪に服し、新しい悲しみの儀式を思い描き、この新しい想像の世界の儀式実践のエフェメラを作成し使用することによって、儀式の想像力を構築するアートを制作してきました。エミリーの作品は、産業、廃墟、自然景観の現場から収集した廃棄物、拾得物、自然素材と対話しながら、目に見えないものへの閾値を紡いでいく、物質的で具現化されたものです。 Emily Waszak is a Donegal-based visual artist of Japanese descent. Emily’s work is concerned with building anticapitalist imaginaries as prefigurative resistance […]

Maria Vazquez

マリア・バスケスは、ニューヨーク州ポートチェスターに拠点を置いています。彼女の作品では、髪、植物、宗教が重要なポイントであり、死や成長、女性らしさといったテーマをシュールなイメージで表現しています。ArtsItoyaに滞在中は、武雄の周辺の環境に反応する作品を作り、現在の作品と同じようなストーリー展開を試みるつもりです。 Maria Vazquez is based in Port Chester, New York. Hair, plants, and religion are some key points in her work that […]

Ben Harb

ベン・ハーブは、オーストラリアのキャンベラ出身のサウンドアーティスト、作曲家、パフォーマーです。オーストラリア国立大学音楽学部を卒業し、ベンはANUニューミュージックアンサンブル、実験音楽スタジオ、Opus、そしてLost Coastなどのバンドを含む、地元および国際的な実験音楽・アートコミュニティの多くのメンバーと共同で活動しています。最近のベンの仕事は、Lost Coastのための新しい音楽の制作や短編映画のための作曲に焦点を当てています。 作曲家としてのベンの関心は、プログレッシブやポストロック、ミニマリズム、自由即興などの現代の形式によって形づくられています。 アーツイトーヤでの滞在中、ベンは武雄の周囲にインスパイアされたグラフィックスコアのシリーズを作曲することを希望しています。 http://www.benharbcomposition.com/ Ben Harb is a sound artist, composer and performer from Canberra, Australia. As a graduate of […]

Yoko Molotov 

ヨーコ・モロトフは、ケンタッキー州ルイビルを拠点とするマルチメディアアーティストで、過激でジェンダーフリーなコミック、アート、詩、パフォーマンスに特化しています。 モロトフの作品は、漫画家の三田龍輔、アニメスタジオGAINAX、シュールリアリストの自動筆記にインスパイアされています。自動筆記は、アーティストが制作過程における意識的なコントロールを抑制する自由なアート制作プロセスです。彼女の作品は、喜劇と悲劇、無邪気さとエロティカ、精密で技術的なスタイルと未磨きの表現主義を融合しています。 ヨーコ・モロトフは、ルイビルとレキシントンのLand of Tomorrow、ルイビルのシェヘラザード・ギャラリー、インディアナ州ニューアルバニーのカーネギーセンター・フォー・アート・アンド・ヒストリーで作品を展示しています。また、音楽家として、彼女はHarpy、FUN DEATH、yum centerといったプロジェクトでパフォーマンスを行っています。 Yoko Molotov is a Louisville, Kentucky-based multimedia artist specializing in transgressive, gender-fluid comics, art, poetry, […]

Susan Jablonski

スーザン・ジャブロンスキは、現在シカゴに拠点を置くポーランド系アメリカ人の写真家です。彼女はアナログ写真にこだわり、未知の世界を繊細に探求する眼差しを投げかけます。静物構成であろうと日記のようなスナップショットであろうと、彼女は常に日常の微妙な奇跡を捉えようとしています。 ARTS ITOYAでの彼女の2度目の滞在中、スーザンは反応するよりも聴くことにより興味を持っています。彼女は35mmのカメラを持って武雄市内を自転車で回ったり、ランダムな物を一つずつ積み重ねたりして見つけることに興味があります。 Susan Jablonski is a Polish-American photographer currently based in Chicago. Working exclusively with analog photography, her work casts a […]

Elizabeth Duffy

エリザベス・ダフィーは多分野にわたるアーティストで、物質文化への愛と彼女自身の揺るぎない作業スタイルが、彼女を日々の平凡さの中にも新たな発見を追求させています。最近の彼女の作品は、家庭生活とプライバシーの問題、そして歴史を通じて女性の価値が見過ごされてきたことを調査しています。彼女の作品は、女性主義のアート、さまざまな場所での生活経験、そして通常は見過ごされがちなものへの視点に影響を受けています。現在のプロジェクト「Wearing」では、彼女は古い家によく見られる編み込みのラグ(敷物)を解体し、その素材がもともとどのような形だったかを再現しています。これらのラグは、主に労働者階級の女性が古着や毛布から作ったもので、日常生活の一部としての人間の生活の軌跡を見せています。アート・イトーヤでの滞在中、エリザベスは自分のスーツケースに入っている服を素材として使います。 Elizabeth Duffy is a multidisciplinary artist whose compulsive process and love of material culture drive her to mine the revelatory in […]

Michelle Belgiorno

ミシェル・ベルジョルノは、シドニーを拠点に活動するアーティストで、絵画、セラミック彫刻、布製のコラボレーションインスタレーションなど、さまざまなメディアを通じて作品を制作しています。ベルジョルノは日本文化を深く愛しており、10代の時に交換留学生として初めて訪れて以来、何度も訪れ、日本語の維持にも努めています。 アーツイトーヤでの滞在中、ベルジョルノは武雄地域及びその周辺のエッセンスを「アンプレナール」(屋外制作)で、水性メディアを使用してコンサーティーナスケッチブックに捉えようと試みます。 www.michellebelgiorno.com Michelle Belgiorno is a Sydney-based artist working across various media including painting,ceramic sculpture, and fabric-based collaborative installations.Belgiorno has a […]

Erlend Cross 

一年間の日本アーティスト・イン・レジデンスの旅の途中で、スコットランド・オーストラリア出身のアーティスト、エルレンド・クロス(@e.rlend)は、アーツ・イトーヤスタジオで2ヶ月間働く予定です。 武雄の「場の精神」:人間と自然、インフラと生活のバランスが、今後の作品の焦点となるでしょう。 彼の都市文化地理学のバックグラウンドは、障子と和紙に描かれた一連の抽象作品の基礎を形成しています。エルレンドは墨、柿渋染め、こんにゃくペーストなどの日本の素材を使用しています。 Halfway through his year-long Japan Artist in Residence trip, Scottish-Australian artist Erlend Cross (@e.rlend) will spend two months working […]