News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のオランダ出身アーティスト、Mai Marie Choon Dijiksmaの滞在制作発表「Taping Time」を開催いたします。

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のオランダ出身アーティスト、Mai Marie Choon Dijiksmaの滞在制作発表「Taping Time」を開催いたします。
日時 9月23日(金)、24日(土) 入場料無料
時間 金曜日11:00~17:00、 土曜日金曜日11:00~16:00 ※23日15時よりアーティストトークを行います。

Taping time

作品サイズ: 380 x 310 cm

14 日間のテーピング作業

日本語には、二つの物体の間の空白を表す「間」という言葉がある。「間」の概念は常に再定義され、単に空白や負の空間としてではなく、生命を含む空間として理解されている。この体験は、私の「間」に対する理解を再定義するものであり、「間」は文字で合理化することはできず、むしろ空間を体験する感覚によって理解されるものであることを理解するようになった。糸島や武雄を自転車で回り、刻々と変化する周囲の環境や山の風景を体験したことは、言葉では説明できないほどです。

スタジオ武雄で制作したインスタレーションも、自分自身へのサプライズです。武雄という街は、昔はもっと活気があったと思うし、特にスタジオのあるエリアはそうだと思う。スタジオの窓・壁にテープを貼り始めました。壁に時間を重ねていき、時には8時間で15cmの高さしかないテープを貼る。毎日これを行うことで、通りのリズムを体験することができます。ドラッグストアが開店し、地元の人が食料品を買い、子供たちが学校に行き、また家に帰る。ここにあるものを包んだり、テープで留めたり、記憶を取り込んだり、刻印を残したり、あるいは空間を化石化したり。これらの痕跡を捉えることで、時間や空間に影響を与え、私と「間」の関係を再構築するのです。

Taping time

Size: 380 x 310 cm

14 days of taping

In the Japanese language there is a word for the void between two objects; ‘MA’ (間) The concept of ‘MA’ is continuously re-defined and not merely understood as empty or negative space, but instead as a space that contains life. My experience here has re-framed my understanding of ‘MA’, and I have come to realise that ‘MA’ cannot fully be rationalised through text but rather through a feeling of experiencing space. Biking around Itoshima and Takeo, and experiencing the ever changing surroundings and mountain landscape- I cannot explain this in words.

The installation that I made in Studio Takeo is also a surprise for myself. Being in Takeo, a city that I imagine was more lively in the past, and especially the area where the studio is. I started to tape the studio window/wall. Add layers of time on the wall, sometimes taping only 15 cm high in 8 hours. By doing this everyday you can experience the rhythm of the street. The drugstore opens, locals get their groceries, children pass by to go to school and back home again. Wrapping or taping something that is here, capturing a memory, leaving an imprint or even fossilising the space. These are the traces that I try to capture and by doing this action, influencing time and space and reimagining my relationship to ‘MA’.