Marina Puの映像作品上映会を開催いたします。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中の、台湾出身アーティスト、Marina Puの映像作品上映会を開催いたします。 アーティスト名 Marina Pu (マリーナ・プー) 日程 2月16日(土) 時間 第一部 17:00~、第二部 18:00~ (入場料無料) ※日本語、英語、ポルトガル語、中国語と様々な言語が混じる、3つの映像作品をそれぞれ2回づつ上映します。   ~アーティスト紹介~ Marinaは、台湾とイギリスを拠点に、映像作家、テレビ監督として活躍しています。現在、台湾の台北にあるTakming科学技術大学のマルチメディアデザイン科の大学助教授として働いています。 彼女は国立台北芸術大学で美術学士号を取得後を、2008年、英国Edinburgh大学で映画製作の修士号を取得しました。また2004年以来、台湾、韓国、中国の映画、テレビ業界で働く中、イギリス、ドイツ、リトアニアなどのヨーロッパ諸国でのプロジェクトに協力してきました。彼女の映画は、台湾、日本、イギリス、フランス、イタリアのカルチャーセンター、ギャラリー、映画館で、様々な国際的映画祭や個展・グループ展に選ばれています。 現在の映画プロジェクトとなる、ドキュメンタリー「Disquiet Identity」と「Pahari」はそれぞれ日本とインドのヒマラヤを拠点としており、下記URLから見れます。 https://vimeo.com/user4166505   ~映像紹介~ 今回彼女はARTS ITOYA滞在にあたり、台北映画祭短編映画3位入賞、カンヌ映画祭短編映画ノミネート作品”Dance in Taipei”と、Takming科学技術大学(台湾)との共同制作コマーシャル作品、また台湾の文化省から助成を受け制作された、長編ドキュメンタリー”Desquite identity”を披露します。 長編ドキュメンタリー”Desquite identity”は2014年台北の地下鉄で実際に起こった、大学生による無差別殺傷事件のニュースから始まります。この無差別殺傷事件で24名が負傷し、4名が死亡しました。犯人である当時21歳である男子大学生は、殺傷事件を犯した動機として”何か大きいことをしてみたかっただけ”と答えました。このドキュメンタリーは世界中で起こる、動機もなく殺害を起こす、若い犯罪者への解決策を模索することを目的としています。ドキュメンタリー内では、事件背景についての福岡の若者へのインタビュー、またポルトガルの有名なミュージシャンバンド、貧困コミュニテーへのインタビューを含みます。(※映像内には暴力的なシーンを少し含みます)  

Marina Hsiao Shan Pu (Taiwan) Residence: February 2019

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Ms Marina H. S. Pu is a filmmaker, TV director, and scholar based in Taiwan. She has worked as an independent filmmaker and artist in Europe and Asia. Currently, she is a full-time assistant professor in the multi-media design department of Takming University of Science and Technology in Taipei,Taiwan. Marina obtained a BA degree in Fine Arts from […]

Susan Jablonski (United of States of America) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Susan Jablonski had solo exhibition on 26th-27th January 2019. Susan Jablonski is a Chicago, Illinois based fine art photographer. She is currently pursuing her BFA in Photography from the School of the Art Institute of Chicago, where she received the Presidential Merit Scholarship and admittance to the Scholars Program. Her work has been featured in a recent group […]

Justin Lee CK (Singapore) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Justin Lee had solo exhibition on 14th-15th December 2018.   時道 “WHERE DO I GO FROM HERE” People experience residency in many ways. Justin Lee wish to take the opportunity to live and work outside of his usual environments, providing a time to reflect, research, or produce  different work in his life. He is interested to […]

Sighle Bhreathnach-Cashell (Northern Ireland) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Sighle Bhreathnach-Cashell had solo exhibition November 24th(sat), 25th(sun) in 2018. “Huis of Jorōgumo”  Jorōgumo the spider welcomes you into her home. Half real half fantasy she weaves her dream life from filmed memories and unrealistic romantic ideals. Sighle Bhreathnach-Cashell is a visual artist from Belfast, Northern Ireland. She has created a film installation in Arts Itoya. […]

Justin Lee CKの個展、「時道”WHERE DO I GO FROM HERE”」を開催致します。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAに滞在中のアーティスト、ジャスティン・リーの滞在成果を発表する個展、「時道”WHERE DO I GO FROM HERE”」を12月14日(金)、15日(土)17時30分より開催いたします。 (17時30分よりアーティストトーク、18時より展示開始となります。入場料無料です。)   ~アーティスト紹介~ Justin Lee ジャスティン・リーは、2016年に ゴールドスミス大学(ロンドン)およびラッセル・ カレッジ・オブ・ザ・アート(シンガポール)の 美術修士号を取得。2006年に大統領デザイン賞に ノミネートされ、the Mont Blanc Young Artist World Patronage Projectの受賞者に選ばれました。「私は、地元の住宅地から見つけたブリキ缶やダンボール紙など私たちにとって非常に馴染みある物(ファウンドオブジェクト)に触発されました。特に人々に関心がなく、もはや使用する価値のないような物など私たちの生活空間に取り囲む日常の物を考察することに興味があります。見つけた物を観察、想起、客観視することで、現代のシンガポールに埋め込まれたサブカルチャーを明らかにするのです。 ジャスティン・リー ウェブサイト https://justinleeck.com/   〜以下アーティストメッセージです〜 アーティストは様々な方法でレジデンスプログラムを経験します。ジャスティン・リーは、このプログラムの機会を利用して、彼の普段の環境の外で生活しながら制作を行い、今までと違うものを生み出し、調査し、反映する時間を得ることを願っています。彼は武雄市で地元の方々がどんな服装をし、何を食べ、どんな遊びをしているのか興味を持っており、彼が経験したアート、生活背景の新しい視点を皆さんとシェアできればと願っています。

Electric Bicycle

Posted Posted in Diary of Arts Itoya

弊社が武雄で行っているアーティスト・イン・レジデンスプログラム ARTS ITOYA。制作スタジオは温泉通りにありますが、アーティストが滞在する家は富岡という所にあります。約一キロほど離れており、距離はそんなに遠くないが小さな丘の上。 自転車だと登るのはきついが、海外のアーティストは免許持ってないので車や原付はのれません。暑いし、年配の方は絶対にあの坂は登れない。そこで電動自転車を購入することを思いつきました。 しかし買いに行ってビックリ、結構なお値段。決心がつかずに20分ほどコメリの自転車の前をうろうろと。そして帰るヘタレな私。なかなか購入する勇気がでないので、まずウェブサイトにARTS ITOYAの売りとして公開することにしました。電動自転車あるよ!どこにでも行けるよ!的に。まだ買ってないのに。 これでもう買うしかない! 買って帰ってさっそく試しのりしたのですが、坂道でも軽い!感動しました!平地が多い糸島ではあまり違いは感じられないかもしれませんが、坂道だらけの武雄ではこれ本当に便利です!レジデンス・アーティストたちが喜ぶこと間違いないです!自分のも欲しい!