Seesha Takagishi

Seesha Takagishiは日系アメリカ人の画家・テキスタイルアーティストです。サンフランシスコ在住で活動しており、2023年度の APICC USAAF グラントを受賞しました。また、タカギシさんは日系アメリカ人の芸術家集団「ファミリースタイル・コレクティブ」の創設者でもあります。このコレクティブは、文化的アイデンティティを探求するために創造的表現を用いることを目的としています。 彼女の絵画は、ミックスルーツを持つ人々が占める境界領域、そしてそれが文化間の橋渡しをする難しさを探求しています。また、彼女の作品は、意図的なコミュニティを表現し、日常の美しさを捉えることで、若い世代の日系アメリカ人が自分たちの文化を定義し、祝い、発展させていく努力も浮き彫りにしています。 Seesha Takagishi is a Japanese American painter and textile artist. She lives and works in San […]

Ju-An Hsieh

シエ・ルーアンは台湾生まれのビジュアルアーティストです。彼女はアムステルダムのゲリット・リートヴェルト・アカデミーを卒業しました。現在、彼女は写真、動画、音を媒体として作品を制作しています。最近では、彼女はすべての生き物の「流動的」で「液体的」な特性を探求しています。彼女が言及する流動性は、身体と心の境界、ジェンダー、歴史、現実の認識、潜在意識、神話など多くのテーマを超越しています。 ARTS ITOYAでのレジデンス中、謝珺安は「神聖な植物」に焦点を当てます。彼女は武雄の神社の森や佐賀県の山々からの画像や音を捉えて作品を制作します。植物の世界の光と音を使って、彼女は人間、植物、精霊の間に精神的な空間を広げています。 Ju-An Hsieh was born in Taiwan. She is a visual artist who graduated from the Gerrit Rietveld Academie in […]

Zwaantje Kurpershoek

Zwaantje Kurpershoek ズワンティエ・クルペルスフック(1998年、オランダ生まれ)は、フィクション、想像力、そして(個人的な)歴史を組み合わせて主にオブジェクト、彫刻、絵画を制作するビジュアルアーティストです。彼女の作品には、フィクションの物語の断片と作品の物理的な外観が相互に影響を与えながら制作過程で交互に作用するため、常に相互作用が見られます。この方法により、彼女が「プレイヤー」と呼ぶキャラクターが作品に現れます。この用語は、彼らが自己の代理権を持っていることを強調しています。プレイヤーの特性は、彼らが現実世界でどのように現れるかに影響を与えます。クルペルスフックの実践には、害虫、境界、オランダの伝統的な頭飾り、ボードゲームの支配的な動き、アニメキャラクター、数えるといった非常に異なり特異な情報源の組み合わせが特徴です。これら表面上は関連のない情報源を結び付けることで、物事とその相互関係の境界を探求しています。 Zwaantje Kurpershoek (1998, NL) is a visual artist who primarily makes objects, sculptures and paintings deriving from a combination of […]

Machiel Beijaert

”私の作品では、私たちが一時的な世界をどのように見て理解するか、その異なる方法に挑戦しています。なぜ私たち人間は特定の方法で行動し、物事を見るのか、そして、私たちが自分自身に課すルールから自由になることはできるのか?ビデオやインスタレーションを通じて、現実とフィクションの間を変化する物語を伝えます。たとえば、自らの囲いに閉じ込められた人物や、互いに衝突する雲の境界などです。 私は、私たち人間がどのようにしてすべてを制御し、枠組みを作り、整理しようとするかに魅了されています。すべての空間には独自の存在感と可能性があり、私たちはそれをさまざまな方法で扱います。自然と人工の間にはどこに脆い境界線が存在するのでしょうか?自然を自由にさせるのはいつ、どこででしょうか?秩序よりもカオスを選ぶのは? 周囲の世界を通じて、物体、空間、または存在が変化することができる状態について問いかけたいと思います。たとえば、通りでゴミとして置き去りにされた家庭用植物がゆっくりと消え去る様子、ホテルのロビーのエコシステムで生きている植物と溶け込むプラスチックの植物、または神のような境界に対する終わりなきトピアリーの闘争などです。私の作品は、彼らが犠牲になっている受動性を描き出し、時が経過する強い波からそれらを保護したいと願っています。” In my work, I challenge the different ways how we, as a society, look at and understand our temporary […]

Alice Ford

Alice Fordは建築を専攻した後、西オーストラリア州ワヤラップという場所で制作活動をしています。彼女は絵画、ドローイング、コラージュ、そして文章を書くことを通して、自身の創作世界を作っています。創作活動のため、アーカイヴや現場観察もします。Aliceさんの表現の主な影響は建築家である彼女の母親の存在です。母親が全て仕事を手描きで行う姿を横で見て育った彼女は、大学でデジタルドローイングを勧められますが、アナログデザインに集中し、母親の影響もあり、アナログデザイン技術を身につけました。卒業後、彼女はソロ活動としてスタジオでアートと建築を続け、オーストラリア南西部の他の建築家、デザイナー、アーティスト、コミュニティといくつかのプロジェクトに取り組んでいます。今年の後半には、アリスが育った生物多様性の重要な地域であるオーストラリア南西部の森林について、他のアーティストと共同で彼女の絵画を集めた本が出版される予定です。生物多様性の重要な地域への好奇心が、生物多様性ホットスポットである日本への旅につながり、彼女は数ヶ月間、複数の都市や地方で活動し、これらの地域で生きるためのアートを探求する予定です。AliceさんはStudio Kuraに先月末まで、そして今月ARTS ITOYAで制作、発表を行う予定です。 Alice is an Artist and recent Architectural Graduate based in Whadjuk Noongar Country, Walyalup, Western Australia. She uses […]

Silvia Husek 

シルヴィア・フセックは、ブラジルのサンパウロを拠点に活動する写真家である。過去3年間、「Fragments of Nepal」というドキュメンタリーシリーズと「To live is to die」という実験的写真シリーズに取り組んでいる。「To live is to die “は、彼女の肉体的な老化について語るシリーズで、自撮りしたポートレートをプリントし、凍結、燃焼、縫製、錆などの技術やジェスチャーを混ぜたハイブリッド写真を使っている。 ハイブリッド写真は、シルヴィアが自分の感性を表現するために見つけた方法であり、観客との対話を構築しようとするものである。 彼女は、写真に関する大学院を修了したばかりである。 Silvia Husek is a photographer based in São […]

Sierra Sanchez

シエラ・サンチェスは、アメリカ・ボストンを拠点に、自身の人生、文化、日本/フィリピン家族の歴史から得た物語に触発された油絵、実験映画、電子音楽などを制作する、多分野のアーティストである。彼らの寓話的かつ象徴的な作品は、記憶と回想としてのアートメイキングの概念、失われた歴史を取り戻すプロセス、そして統一力としてのクィアと混血のアイデンティティの表現を探求しています。2019年、サンチェスはロードアイランドデザイン学校(RISD)で絵画を中心とした美術学士号を取得し、テキサス州ダラスとロードアイランド州プロビデンスで広く彼らの作品を展示しています。 Sierra Sanchez is a multidisciplinary artist based in Boston, USA, who creates oil paintings, experimental films and electronic music inspired by stories […]

Emily Waszak

エミリー・ワザックは、アイルランドのドニゴールを拠点とする日系人ビジュアルアーティストです。エミリーの作品は、国家と資本の組織的放棄に対する予兆的な抵抗として、反資本主義的なイマジナリーを構築することに関心があります。エミリーは、孤立した喪に服し、新しい悲しみの儀式を思い描き、この新しい想像の世界の儀式実践のエフェメラを作成し使用することによって、儀式の想像力を構築するアートを制作してきました。エミリーの作品は、産業、廃墟、自然景観の現場から収集した廃棄物、拾得物、自然素材と対話しながら、目に見えないものへの閾値を紡いでいく、物質的で具現化されたものです。 Emily Waszak is a Donegal-based visual artist of Japanese descent. Emily’s work is concerned with building anticapitalist imaginaries as prefigurative resistance […]

Maria Vazquez

マリア・バスケスは、ニューヨーク州ポートチェスターに拠点を置いています。彼女の作品では、髪、植物、宗教が重要なポイントであり、死や成長、女性らしさといったテーマをシュールなイメージで表現しています。ArtsItoyaに滞在中は、武雄の周辺の環境に反応する作品を作り、現在の作品と同じようなストーリー展開を試みるつもりです。 Maria Vazquez is based in Port Chester, New York. Hair, plants, and religion are some key points in her work that […]

Ben Harb

ベン・ハーブは、オーストラリアのキャンベラ出身のサウンドアーティスト、作曲家、パフォーマーです。オーストラリア国立大学音楽学部を卒業し、ベンはANUニューミュージックアンサンブル、実験音楽スタジオ、Opus、そしてLost Coastなどのバンドを含む、地元および国際的な実験音楽・アートコミュニティの多くのメンバーと共同で活動しています。最近のベンの仕事は、Lost Coastのための新しい音楽の制作や短編映画のための作曲に焦点を当てています。 作曲家としてのベンの関心は、プログレッシブやポストロック、ミニマリズム、自由即興などの現代の形式によって形づくられています。 アーツイトーヤでの滞在中、ベンは武雄の周囲にインスパイアされたグラフィックスコアのシリーズを作曲することを希望しています。 http://www.benharbcomposition.com/ Ben Harb is a sound artist, composer and performer from Canberra, Australia. As a graduate of […]