The Yoke

Posted Posted in News(Studio and Artists)

~アーティスト紹介~ アリス フォード(オーストラリア)は建築を専攻した後、西オーストラリア州ワヤラップで制作活動をしています。彼女は絵画、ドローイング、コラージュ、そして文章を書くことを通して、自身の創作世界を作っています。 彼女の表現の主な影響は建築家である彼女の母親の存在です。母親が全て仕事を手描きで行う姿を横で見て育った彼女は、大学でデジタルドローイングを勧められますが、アナログデザインに集中し、母親の影響もあり、アナログデザイン技術を身につけました。 卒業後、彼女はソロ活動としてスタジオでアートと建築を続け、オーストラリア南西部の他の建築家、デザイナー、アーティスト、コミュニティといくつかのプロジェクトに取り組んでいます。 ~作品について~ “The Yoke “は、問いかける展覧会体験です。 この問いかけは、福岡正信が1975年に出版した『一本藁の革命』のエッセンスでもあります。この3ヶ月間、アルはこの本を読みながら、日本各地の農場で働き、生活してきました。福岡正信の自然農法、つまり「何もしない」農法は、自然や神秘に主体を戻し、食物を育てるために必要なことだけを行う技術を提案している。アルは、この方法が都市生活におけるあらゆる中間的な空間、空き地、「何もない」空間へのアプローチとしてどのように適用できるかを考え始めました。コラージュ、ビデオ、そしてインタラクティブな食事体験の作品を通して、私たちの都市を取り囲む「何もない」空間を見つめ直し、見つめ直すよう誘います。もし、その中間、「何もない」場所のヨークやヨルクがメインイベントになるとしたら?” 開催情報 日程 2022年 10月 21日(金) 時間 11:00~18:00 会場 ARTS ITOYA  843-0022 佐賀県武雄市本町7271 料金 入場無料 主催 ARTS ITOYA お問い合わせ ARTS ITOYA info@artsitoya.com

Living Questions

Posted Posted in Uncategorized

現在ARTS ITOYAで滞在制作中3名のアーティストによる展覧会を開催いたします。 21日17時よりアーティストトークを行います。 ~アーティスト紹介~ シエラ・サンチェスは、アメリカ・ボストンを拠点に、自身の人生、文化、日本/フィリピン家族の歴史から得た物語に触発された油絵、実験映画、電子音楽などを制作する、多分野のアーティストである。彼らの寓話的かつ象徴的な作品は、記憶と回想としてのアートメイキングの概念、失われた歴史を取り戻すプロセス、そして統一力としてのクィアと混血のアイデンティティの表現を探求しています。2019年、サンチェスはロードアイランドデザイン学校(RISD)で絵画を中心とした美術学士号を取得し、テキサス州ダラスとロードアイランド州プロビデンスで広く彼らの作品を展示しています。 ~作品について~ タイトル Living Questions 第二次世界大戦中、三井物産は大牟田・荒尾一帯の三井三池炭鉱で、数千人の朝鮮人・中国人奴隷や連合軍捕虜を強制労働に従事させた。その結果、放置や事故、虐待によって多くの人が重傷を負い、中には命を落とす人もいました。企業奴隷にされたトラウマは代々受け継がれているが、奴隷にされた朝鮮人、中国人、連合軍捕虜が戦時中の三井物産存続に大きく貢献したことは、ほんの少ししか触れられていない。 同じ頃、アメリカは大統領令9066号を発し、すべての移民と日本人の血を引くアメリカ人を西海岸一帯の強制収容所に強制的に移住させることを決定した。その理由は、スパイ防止であった。この大量移住と強制収容の結果、多くの人々が家、ビジネス、持ち物、コミュニティを失いました。第二次世界大戦が終わると、強制収容所に入れられた人々は、行くあてもなく、資源もないまま、生活を再開することを余儀なくされた。 「Living Questions」は、米国と日本における企業奴隷と予防的監禁の間の道徳的グレーゾーンを、反資本主義の観点から視覚的に検証するものです。両国に共通する奴隷制や人間以下の身分の監禁慣行や正当化とは?暴力や虐待を正当化するために、恐怖はどのような役割を果たすのか?歴史に名を残すことが許されるのは誰で、それはなぜか?工業化や進歩の目に見えない犠牲者は誰なのか?企業による人々への権力の乱用を容認する正当な理由とは何か?   開催情報 日程 2022年 10月 21日(金) 時間 11:00~18:00 会場 ARTS ITOYA  843-0022 佐賀県武雄市本町7271 料金 入場無料 主催 ARTS ITOYA お問い合わせ ARTS ITOYA info@artsitoya.com

RESPIRE 呼吸

Posted Posted in Uncategorized

現在ARTS ITOYAで滞在制作中3名のアーティストによる展覧会を開催いたします。 21日17時よりアーティストトークを行います。 ~アーティスト紹介~ シルヴィア・フセックは、ブラジルのサンパウロを拠点に活動する写真家である。過去3年間、「Fragments of Nepal」というドキュメンタリーシリーズと「To live is to die」という実験的写真シリーズに取り組んでいる。「To live is to die “は、彼女の肉体的な老化について語るシリーズで、自撮りしたポートレートをプリントし、凍結、燃焼、縫製、錆などの技術やジェスチャーを混ぜたハイブリッド写真を使っている。 ハイブリッド写真は、シルヴィアが自分の感性を表現するために見つけた方法であり、観客との対話を構築しようとするものである。 ~作品について~ タイトル RESPIRE 呼吸 このシリーズは、私が武雄の森で体験した幸福感からインスピレーションを得たものです。森の雰囲気を吸収する練習は「森林浴」と呼ばれ、魂と身体のための治療法のようなものです。 草木、鳥、石、蜘蛛の中を歩きながら、自分の五感をフルに使って森と対話するのです。自分の呼吸が聞こえ、自分の魂が自然を通して希釈されるような、見るよりも先に起こる壮大な感覚を味わうことができるのです。 このインスタレーションは、来場者にイメージの中を歩くような体験を提供することを目的としており、その主題の純粋な真実に到達することはできないのです。

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のオランダ出身アーティスト、Mai Marie Choon Dijiksmaの滞在制作発表「Taping Time」を開催いたします。

Posted Posted in News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のオランダ出身アーティスト、Mai Marie Choon Dijiksmaの滞在制作発表「Taping Time」を開催いたします。 日時 9月23日(金)、24日(土) 入場料無料 時間 金曜日11:00~17:00、 土曜日金曜日11:00~16:00 ※23日15時よりアーティストトークを行います。 Taping time 作品サイズ: 380 x 310 cm 14 日間のテーピング作業 日本語には、二つの物体の間の空白を表す「間」という言葉がある。「間」の概念は常に再定義され、単に空白や負の空間としてではなく、生命を含む空間として理解されている。この体験は、私の「間」に対する理解を再定義するものであり、「間」は文字で合理化することはできず、むしろ空間を体験する感覚によって理解されるものであることを理解するようになった。糸島や武雄を自転車で回り、刻々と変化する周囲の環境や山の風景を体験したことは、言葉では説明できないほどです。 スタジオ武雄で制作したインスタレーションも、自分自身へのサプライズです。武雄という街は、昔はもっと活気があったと思うし、特にスタジオのあるエリアはそうだと思う。スタジオの窓・壁にテープを貼り始めました。壁に時間を重ねていき、時には8時間で15cmの高さしかないテープを貼る。毎日これを行うことで、通りのリズムを体験することができます。ドラッグストアが開店し、地元の人が食料品を買い、子供たちが学校に行き、また家に帰る。ここにあるものを包んだり、テープで留めたり、記憶を取り込んだり、刻印を残したり、あるいは空間を化石化したり。これらの痕跡を捉えることで、時間や空間に影響を与え、私と「間」の関係を再構築するのです。 Taping time Size: 380 x 310 cm 14 days of taping In the Japanese language there is a word for the void between two objects; ‘MA’ (間) The concept of ‘MA’ is continuously re-defined […]

Greta Edmondsonの滞在制作発表「Storytime」を開催いたします。

Posted Posted in News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のオ-ストラリア出身アーティスト、Greta Edmondsonの滞在制作発表「Storytime」を開催いたします。   日時 9月23日(金)、24日(土) 入場料無料 時間 金曜日11:00~17:00、 土曜日金曜日11:00~16:00  ※23日15時よりアーティストトークを行います。   ストーリータイムは、物語としての場所という概念を探求し、私たちが物語の観察者から物語の中の登場人物へとどのように変容していくかを描いています。 山々に囲まれた隠れ家的な街では、朝昼晩と音楽が流れ、あなたを次の行動へと導きます。  ブランドマスコットが無口なキャラクターのように風景を彩り、あなたの旅を静かに応援しながら、遠くへ、次の知らない道へと自転車を走らせます。  徐々に、この街の日常生活に慣れていく。主人公たちと出会い、彼らの物語を知り、自分の好きなこと、行きたい場所を見つける。 やがて、あなたもこの町の物語に参加するキャストのひとりとなるのです。あなたの周りには、あなたに微笑み返す仲間がいます。   Storytime explores the concept of place as narrative, and how we transform from the observer of a story to a character within it. In a concealed town enveloped by mountains, music plays in the streets at morning, noon and night, guiding […]

Greta Edmondson

Posted Posted in Uncategorized

(English below) 新しいアーティストがやって来ました。 Greta Edmondsonはシドニーを拠点に活動するアーティスト、デザイナー、イラストレーターです。彼女の作品は、ペインティング、ドローイング、デジタルフォーマット、彫刻など多岐にわたり、色彩、キャラクター、物語を通して、想像の世界や別の現実に入り込んだ時の静けさを探求しています。彼女の影響は、初期のディズニーグラフィックからカンディンスキー、子供向けイラスト、モダンな広告、伝統的な風景画まで多岐にわたります。 武雄滞在中はとその近郊の風景と歴史を探求し、自然の中で逃避する機会や、遠い場所にいることの意味を表現すること。この地域からインスピレーションを受けた絵画やミクストメディアの作品群を制作することを目指しています。 Greta Edmondson is an artist, designer and illustrator based in Sydney. Working across painting, drawing, digital formats and sculpture, her work explores imaginary worlds and the tranquility of entering alternative realities through colour, characters and stories. Her influences range from early Disney graphics to Kandinsky, children’s illustrations, modern advertising […]

Mai Marie Dijksma

Posted Posted in Uncategorized

(English below) 新しいアーティストがやって来ました。 Mai Marie Dijksmaさんです。これから6週間の間、滞在制作を行なって行きます! マイ・マリー・チュン・ダイクスマは、アーネム美術学校を卒業後、ヘリット・リートフェルト・アカデミーでデザイン、TXT(テキスタイル)の学士号を取得しています。2011年からは、儚さをテーマにしたビジュアルインスタレーションを制作しています。彼女の作品は、韓国、イギリス、スペイン、オランダで展示されています。また、ダンス、演劇、オペラの衣装デザイナーとしても活躍している。 マイ・マリーの芸術活動は、作品とそれが作られる空間との関係を探ること、作品の質感が空間や鑑賞者とどのように関わるかを調べること、そして最後に作品を作るために必要な肉体労働の価値を問い直し再定義すること、という3つの主要なアイデアを探求している。彼女にとって、インスタレーションを制作するプロセスは、インスタレーションそのものと同等の重要性を持っています。 彼女の作品では、制作したものが長く続くことよりも、その時間性がより重要視されています。インスタレーションが発表された後も、ゆっくりと構造を破壊していく形でプロセスが続くことが多い。 日本語には、2つの物体の間の空白を表す「間」という言葉があります。この「間」という概念は、空虚な空間やネガティブな空間としてではなく、生命を内包する空間として、常に再定義され続けています。グローバルで変化の激しい世界では、革新的なテクノロジーの開発が経済発展に不可欠であり、同じように画一的なブランドや高速消費が社会に内在する役割を担っていますが、一部のコミュニティでは、自分たちの文化のアイデンティティが失われつつあることを危惧しています。私たちの身の回りがどんどん均質化していく中で、それは私たちの記憶や空間認識にどのような影響を与えるのでしょうか。私は、STUDIO KURA / ARTS ITOYAで過ごす1ヶ月半の間、「間」という概念と、それが私たちの知覚や経験に与える影響という2つのテーマを探求していきたいと考えています。私の作品の中で出てくる根本的な疑問は、非西洋的な空間の理解と一致しているので、そのプロセスが自然に発展するようなコンテクストが必要だと感じています。STUDIO KURA / ARTS ITOYAは、この作品を発展させるのに非常に適した機関であると強く感じています。   New Artist has arrive! Her name is Mai Marie Dijksma. She will be staying here and make art works for 6weeks. Mai Marie Choon Dijksma graduated from the Arnhem Hogeschool voor de Kunsten with a Bachelor […]

Neal Rock

Posted Posted in Uncategorized

Neal Rock Questioning the relationship of maker to made has been a concern since the early 2000s. Over time I’ve shifted language around, used different words and assumed various guises in the belief that these masks were in fact content. These early appeals typically followed grooves of fashion, now I’m left with generative problems that […]

David McGovern (Ireland) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

On the 27th-28th June 2020, David McGovern had an exhibition.   ‘The Machine Forgets’ is an experimental sci-fi short film reflecting on the tethers of remembering. The video and photo work encourages us to leave behind unwanted memories, and try to live more presently and freely.  The narrator recounts his daily ritual of forced forgetting, a […]

デイビットさんによる、コマ撮りワークショップを開催いたします。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のアイルランド出身ビデオアーティスト、デイビットさん(David McGovern)による、コマ撮りワークショップを開催いたします。   講師名 David McGovern (デイビット・マックガーヴェン) 日時 6月27日(土) 時間 13:00~14:00頃まで   「コマ撮り」とは、静止した状態のものを少しずつ動かしながら何枚も写真撮影し、連続再生することで動いているように見せる撮影技法のこと。別名「ストップモーション」とも呼ばれています。動画撮影を専門で勉強したデイビットさんは、ロンドン芸術大学で動画についての講師をしております。そんなデイビットさんがこの度、ARTS ITOYAでコマ撮りワークショップを子ども向けに行います。スマートフォンを使い、簡単に素敵な「コマ撮り」動画撮影にチャレンジ出来る機会ですので、ぜひお気軽に参加ください。もちろん大人の方の参加もお待ちしております。また同日デイビットさんの映像作品、スチール写真作品展示も行っておりますので、そちらもお楽しみください。   ご興味のある方は下記メールアドレスに、代表名、参加人数をお知らせください。少人数での開催となりますので、人数に達し次第、応募を締め切りとさせて頂きます。(※保護者・大人の参加がある場合、可能であれば”iMotion”という無料アプリをスマートフォンにダウンロードして頂けると助かります)  info@artsitoya.com