Marina Puの映像作品上映会を開催いたします。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中の、台湾出身アーティスト、Marina Puの映像作品上映会を開催いたします。 アーティスト名 Marina Pu (マリーナ・プー) 日程 2月16日(土) 時間 第一部 17:00~、第二部 18:00~ (入場料無料) ※日本語、英語、ポルトガル語、中国語と様々な言語が混じる、3つの映像作品をそれぞれ2回づつ上映します。   ~アーティスト紹介~ Marinaは、台湾とイギリスを拠点に、映像作家、テレビ監督として活躍しています。現在、台湾の台北にあるTakming科学技術大学のマルチメディアデザイン科の大学助教授として働いています。 彼女は国立台北芸術大学で美術学士号を取得後を、2008年、英国Edinburgh大学で映画製作の修士号を取得しました。また2004年以来、台湾、韓国、中国の映画、テレビ業界で働く中、イギリス、ドイツ、リトアニアなどのヨーロッパ諸国でのプロジェクトに協力してきました。彼女の映画は、台湾、日本、イギリス、フランス、イタリアのカルチャーセンター、ギャラリー、映画館で、様々な国際的映画祭や個展・グループ展に選ばれています。 現在の映画プロジェクトとなる、ドキュメンタリー「Disquiet Identity」と「Pahari」はそれぞれ日本とインドのヒマラヤを拠点としており、下記URLから見れます。 https://vimeo.com/user4166505   ~映像紹介~ 今回彼女はARTS ITOYA滞在にあたり、台北映画祭短編映画3位入賞、カンヌ映画祭短編映画ノミネート作品”Dance in Taipei”と、Takming科学技術大学(台湾)との共同制作コマーシャル作品、また台湾の文化省から助成を受け制作された、長編ドキュメンタリー”Desquite identity”を披露します。 長編ドキュメンタリー”Desquite identity”は2014年台北の地下鉄で実際に起こった、大学生による無差別殺傷事件のニュースから始まります。この無差別殺傷事件で24名が負傷し、4名が死亡しました。犯人である当時21歳である男子大学生は、殺傷事件を犯した動機として”何か大きいことをしてみたかっただけ”と答えました。このドキュメンタリーは世界中で起こる、動機もなく殺害を起こす、若い犯罪者への解決策を模索することを目的としています。ドキュメンタリー内では、事件背景についての福岡の若者へのインタビュー、またポルトガルの有名なミュージシャンバンド、貧困コミュニテーへのインタビューを含みます。(※映像内には暴力的なシーンを少し含みます)  

Marina Hsiao Shan Pu (Taiwan) Residence: February 2019

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Ms Marina H. S. Pu is a filmmaker, TV director, and scholar based in Taiwan. She has worked as an independent filmmaker and artist in Europe and Asia. Currently, she is a full-time assistant professor in the multi-media design department of Takming University of Science and Technology in Taipei,Taiwan. Marina obtained a BA degree in Fine Arts from […]

Susan Jablonski (United of States of America) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Susan Jablonski had solo exhibition on 26th-27th January 2019. Susan Jablonski is a Chicago, Illinois based fine art photographer. She is currently pursuing her BFA in Photography from the School of the Art Institute of Chicago, where she received the Presidential Merit Scholarship and admittance to the Scholars Program. Her work has been featured in a recent group […]

Susan Jablonskiの個展、”Okna”を開催致します。

Posted Posted in About Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のアーティスト、Susan Jablonskiの滞在成果を発表する個展“Okna“を1月26日(土)、27日(日) 13:00~17:00に開催いたします。 (26日14:30よりアーティストトークとなります。)   ~アーティスト紹介~ Susan Jablonskiは、イリノイ州シカゴを拠点とする美術写真家です。 彼女は現在、大統領功労奨学金と奨学金プログラムへの入学を受けたシカゴ美術協会の学校で、写真の美術学士を目指しています。 彼女の作品は、最近のグループ展や年次部門出版で紹介されています。 Susan Jablonskiは、家族関係内の影響作用と、それに続く自己形成における役割を調査しています。 シリーズである、”反復構造”は、そのような影響の複雑さを明らかにすることを目的としています。 非線形の時間と階層についての彼女の考察を通して、物語はさらに複雑になっています。 Susan Jablonskiのウェブサイトは以下から見れます。 susanjablonski.com     〜個展について〜 個展タイトル“Okna“はポーランド語で”窓”を表します。彼女の生まれ故郷であるポーランド、そこでの記憶を思い出させる日本家屋の窓から見えるおぼろげで抽象的な光景。彼女は窓は多様な比喩であると捉えます。観客と観客の異なる世界の間の障壁。制度化された外部性の概念に対する内在化された個人の簡潔な枠組み。しかし、仕切りが明確な壁とは異なり、明確ではない窓。その微妙な違いの中で、分離の印象だけでなくその無益さも感じます。 今回の個展ではそんな「窓」からインスピレーションを受け、光や影、ガラス、植物を使い彼女の表現する“Okna“のインスタレーション展示を行います。彼女が感じ考える“Okna”の表現作品をお楽しみ下さい。

Susan Jablonski (United States) Residence: January 2019

Posted Posted in About Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Susan’s practice investigates the function of influence within familial relationships and its subsequent role in the formation of the self. The series’ iterative structure aims to reveal the intricacies of such influence; a narrative further complicated through her reflections on nonlinear time and hierarchy. Susan Jablonski is a Chicago, Illinois based fine art photographer. She is currently […]

Brenda Ohana (France) Residence: January 2019

Posted Posted in About Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Brenda Ohana is Brazilian living in France, she is musician formed on contemporary music and jazz, have worked in many fields, theater, dance, performances, mostly developing her own works as interpreter and composer mixing free improvisation and written works with different groups around the world. Studying since many years Chinese calligraphy and painting by her self […]

Anna Zoladz (United of States of America) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, News(Studio and Artists), Uncategorized

Anna Zoladz had solo exhibition on 22th-24th December 2018.   Inspired by the quiet authority of Mt. Minefuneyama, She hope to generate a landscape of echoed geological forms and topological renderings to investigate and interpret the invisible order through which nature expresses itself.   ~About Anna Zolads~ Anna Zoladz is an artist and game designer currently based […]

Justin Lee CK (Singapore) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Justin Lee had solo exhibition on 14th-15th December 2018.   時道 “WHERE DO I GO FROM HERE” People experience residency in many ways. Justin Lee wish to take the opportunity to live and work outside of his usual environments, providing a time to reflect, research, or produce  different work in his life. He is interested to […]

Sighle Bhreathnach-Cashell (Northern Ireland) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Sighle Bhreathnach-Cashell had solo exhibition November 24th(sat), 25th(sun) in 2018. “Huis of Jorōgumo”  Jorōgumo the spider welcomes you into her home. Half real half fantasy she weaves her dream life from filmed memories and unrealistic romantic ideals. Sighle Bhreathnach-Cashell is a visual artist from Belfast, Northern Ireland. She has created a film installation in Arts Itoya. […]

Anna Zoladzの個展、”The Mountain”を開催致します。

Posted Posted in News(Studio and Artists)

ARTS ITOYAで滞在制作中の、アメリカ出身アーティスト、エナ・ゾラーズのレジデンス滞在成果を発表する個展”The Mountain”を開催いたします。   エナ・ゾラーズ Anna Zoladz 個展 (Visual artist/United of States of America)   “The Mountain” 12月22日(土)〜24日(月) 13:00〜17:00 入場料無料   〜アーティスト紹介〜�Anna Zoladz エナ・ゾラーズは、現在アラバマ州バーミンガムに活動拠点を置くアーティスト兼ゲームデザイナー、2016年にアラバマ大学バーミンガム校にて美術学士号を取得しました。 神話、記憶と自然の関係を調べ、その繋がりに着目した作品を展開しています。