Cora Mak (Macau) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

On the 25th-26th May 2019, Cora Mak had an exhibition.   “Wonderland-Yokai” The collection of Cora Mak’s paintings are featuring Yokai. Yokai is supernatural monsters or spirits which can be in any forms or appearances, so it gives unlimited room for creativity.  In her works, she tried to use a combination of bright colors which gives a fantasy look and using very simple lines […]

Adrian Jing Song (Melbourne) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

On the 25th-26th May 2019, Adrian Jing Song had an exhibition.   “In Twilight, Gently Crush” In Twilight, Gently Crush (影で, 優しく愛する) explores the subtle moments of connection that often go unnoticed in day-to-day life. These moments are expressed through photographing and rephotographing various scenes observed in Japanese society. These happenings are never the main […]

Cho, Hui-Chin (London) Exhibition

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

On the 25th May 2019, Cho, Hui-Chin had an exhibition.   “To Whatever Mystery Lies Beyond” Cho, Hui-Chin’s works are what she describes as postulate. Which means painting, sculpture and photography are the same manifestation. Since they are identifiable in the ambitious depiction of concrete dimensions, and such ambiguities are conveyed into a variety of compositions […]

Cho, Hui-Chinの滞在制作作品発表を開催致します。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のロンドン在住アーティスト、Cho, Hui-Chinの滞在制作発表”To Whatever Mystery Lies Beyond”を開催致します。   アーティスト名 Cho, Hui-Chin 卓 卉芹 (たく きせり) 日時 5月25日(土) 入場料無料 時間 11:00~17:00 ※25日(土)15:00よりアーティストトークを行います ※Cho, Hui-Chinは25日(土)のみの展示となります   ~アーティスト紹介~ Cho、Hui-Chinは芸術大学Slade School of Fine Art美術学士号を2018年に取得、ファーストクラスの成績でDean’s Listに載りました。CASSアート絵画賞とステア賞を2018年に受賞、現在はロンドンに在住し制作活動を行っています。 多文化的な国で育ったチンは、主題の歪みや抽象的なモチーフ、赤ちゃんのような見た目を持つ不思議な生き物を作品に登場させ、哲学的な対話を促すためにヴィンテージまたはアンティーク素材ほか複数の素材を組み合わせて制作することを好みます。   ~作品について~ 作品を通して、ヴィンテージ素材と他の素材を使うことのジレンマを探求し、メタファー(比喩表現)がどのようにして物事の認識や本質にふれ理解されるかに興味を持っています。同時に生と死の間の曖昧なアイデンティティーを持つアンティーク素材を描写し、その素材に隠されたメタファーを表現しています。 作品に登場する多数の違和感のある人物やモチーフはグロテスクでありながら深みのある物語を作り出します。彼女の好奇心旺盛で芸術的なアプローチは、人々の心理、欲望、フェチ、両性、サディズムとある物事への執着(オブセッション)など内観することに通じています。

Cora Makの滞在制作作品発表を開催いたします。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のマカオ出身アーティスト、Cora Makの滞在制作発表”Wonderland-Yokai”を開催いたします。   アーティスト名 Cora Mak(コーラ・マック) 日時 5月25日(土)、26日(日) 入場料無料 時間 11:00~17:00 ※25日(土)15:00よりアーティストトークを行います   ~アーティスト紹介~ Cora Makはマカオ出身の、粘土彫刻家・画家です。 主に人に焦点を置いた作品を制作しています。 作品を通して、人々と彼らの環境との関係、そしてそれらが表現、身振り、外見にどのように影響するかを表現したいと考えています。 彼女は何年もの間、他の仕事をしている傍で作品制作をしていましたが、現在の仕事を辞め制作活動により時間を費やすことを決意しました。 Arts Itoyaアーティスト・イン・レジデンスプログラムをインスピレーションを得るための最初のステップとして取り入れ、日本の文化の様々な側面を探求し、様々な形態の媒体で表現した作品を地元の方々と共有できることを望んでいます。   ~作品について~ Cora Makは妖怪に焦点をあてた作品制作を行っております。妖怪はどんな形や外観でも在ることができる、無限の創造性の余地を与える不思議なモンスター、または精神です。 彼女の作品では、空想的な外観、単純な線、また子供の絵を模倣するなど、様々な方法を1つの作品に混ぜ合わせるのと同時に明るい配色で仕上げ、見る人々また彼女自身の注意を引く作品を制作しています。

Cai Jun Leeの滞在制作作品発表を開催いたします。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のシンガポール出身アーティスト、Cai Jun Leeの滞在制作発表”Sky Island Forest”を開催致します。   アーティスト名 Cai Jun Lee(チャイ ジン・リー) 日時 5月25日(土)、26日(日) 入場料無料 時間 11:00~17:00 ※25日(土)15:00よりアーティストトークを行います   ~アーティスト紹介~ Cai Jun Leeは、エジンバラ・カレッジ・オブ・アートの現代美術芸術学修士号を2012年に取得。シンガポール国立芸術評議会の奨学金を得て、シンガポールの大学 Nanyang Academy of Fine Arts にて陶芸科と副専攻の彫刻科を2006年に首席で卒業。彫刻、陶芸、インスタレーション、イラストレーション、写真など多分野で表現するビジュアルアーティストです。 これまで愛知県常滑市のIWCAT(International Workshop of Ceramic Art in Tokoname)、群馬県藤岡市のシロオニスタジオほか、ハンガリーでの滞在制作に参加し、数々の助成金を獲得しています。作品は雑誌や新聞に掲載され、シンガポール、日本、スコットランドにて様々なアートイベント、展覧会、制作活動に取り組んできました。  物語と人類学的影響に魅了された彼女は、現代の解釈で物語を改訂し、関連する要素や象徴的なイメージとモチーフを組み合わせて改作します。作品は物と空間の知覚的境界を曖昧にすることを目指しています。   ~作品について~ ”Sky Island Forest〜空島の森”、武雄市の神聖な古い歴史を持つ大楠、神社、山々に触発されたアートインスタレーション作品。 彼女の空間は、現実と芸術のフィクションとの間の知覚的境界をぼかし、架空状態を意識の瞬間とすることを目的としています。  

Adrian Jing Songの滞在制作作品発表を開催いたします。

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

現在ARTS ITOYAで滞在制作中のメルボルン出身アーティスト、Adrian Jing Songの滞在制作発表”In Twilight, Gently Crush”を開催いたします。   アーティスト名 Adrian Jing Song(エイドリアン・ジン・ソン) 日時 5月25日(土)、26日(日) 入場料無料 時間 11:00~17:00 ※25日(土)15:00よりアーティストトークを行います   ~アーティスト紹介~ Adrian Jing Songは、オーストラリアのメルボルンに拠点を置く学際的なアプローチを用いて制作を行うアーティストです。 長期的な苦痛、根底にある緊張、社会不安に関するテーマでの制作に関心があります。 映画研究、音楽ジャーナリズム、サウンド制作の実践的な経験があり、またゴーストストーリーや90年代ポップミュージックを好み、NBAバスケットボールの愛好家でもあります。   ~作品について~ “In Twilight, Gently Crush〜影で、優しく愛する”では、日常生活の中で気づかれずに移り行く美しい微かな瞬間を探った作品を展示致します。

Cora Mak (Hong Kong) Residence: May 2019

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Cora Mak borns in Macau and currently lives in Hong Kong. A sculptor and painter who uses different mediums to express different ideas. Recent practice derives from images within her everyday life. Through her work, she wants to express the relationship between people and their environment and how it affects the people’s expression, gestures and appearances. She […]

Adrian Jing Song (Australia) Residence: May 2019

Posted Posted in About Arts Itoya, Diary of Arts Itoya, News(Studio and Artists)

Adrian Jing Song is a multidisciplinary artist based in Melbourne, Australia. Currently he is fascinated with themes concerning lingering pain, underlying tension and societal anxiety. With a background in film studies, music journalism and sound production – he can often be found reading ghost stories or listening to nineties pop music. He is also quite […]