About Arts ItoyaDiary of Arts ItoyaNews(Studio and Artists)

神谷 泰史の作品展示、”磁器と磁気”を開催致します。

現在ARTS ITOYAで滞在制作中の札幌出身アーティスト、神谷 泰史の滞在制作発表”磁器と磁気”を開催致します。

アーティスト名 神谷 泰史 (カミヤ タイシ)

日時 427日(土)、28(日) 

時間 13:3017:00 入場料無料

28(日)15:00よりアーティストトーク、「武雄の音を聴く」ワークショップを行います。

 

~アーティスト紹介~

札幌出身、東京在住のサウンドアーティストです。 音の持つ偶有性を保ったまま環境を整理し作品として提示することで、 聴く人に音の解釈の多様性を与え , 意図しない美しさの発見を促すような試みを続けています。 ソプラノサックスと自作デバイスやラップトップを用いた音楽の演奏を行い、 イギリスのレーベル Homenormal NomadicKidsRepublic より音楽作品をリリースする他、 寺の本堂や蔵、雪の中など、様々な環境下での音楽イベントの企画・運営や、 自然の物理現象にフォーカスしたサウンドインスタレーション作品の発表などを行っています。

taishikamiya website

 

~滞在制作発表について~

ARTS ITOYAでの滞在製作中では、「磁器と磁気」と題し、 佐賀県武雄近隣のエリアで生産される「磁器」と、磁石に代表される引力や斥力を及ぼす「磁気」をテーマに作品を制作いたします。一般に、これらの言葉が同時に使われることはあまりないものの、この地域の歴史を語る上で、遠くで繋がっている磁器と磁気の関係性に着目した作品を展開します。

また同時に「武雄の音を聴く」ワークショップを行います。 夕暮れの武雄温泉街を散歩しながら、普段聴く音とは違う地域の音を一緒に探しにいきましょう。